糸の残らない外科手術

当院では基本的に血管の止血の際には一切糸を用いず、高性能電気メスをさらに性能を上げた「バイオクランプ」で血管自体をシールしています。

利点として異物として体の中に糸が残らないのと、手術時間が非常に短くなり体にかかる負担が減ります、また、糸を用いるより神経の損傷が少なく痛みを感じにくいとも言われてます。

当院では「バイオクランプ」の他、血管シール用レーザーも用意しています。